修繕費用はいつから積立ておくべき?修繕費用総合情報サイト

>

月々の積立金と始める時期について

修繕費用はいつから積み立てておくべき?

家の修繕費用はいつから積み立てておくべきでしょうか。

まず、どんなに新築の家であっても時間が経過するに連れて確実に老朽化していきます。
ちょうど人間の老化現象と同じく、あらゆる箇所にガタがきて、その度メンテナンスが必要となってくるのです。
人間であれば健康診断にかかるのと同様に、家も損傷が見つかってから修繕するのではなく、事前の点検が大事です。
家屋の点検は数年に一度のペースで行っておくと安心。
修繕費用はこうした点検費用にも充てることができる為、家を建てた直後から積み立てておく方が良いと言えるでしょう。
新築後すぐにリフォームをすることはあまりありませんが、大体10年が経過すると外壁や屋根に損傷が見つかり、張り替え作業を行う家も多いようです。

点検費用や10年先の修繕を見越して、修繕費用はなるべく早くから積み立てておくに限ります。

月々の修繕積立費用とは?

修繕積立がいかに大事であるかが分かったとしても、気がかりなのが月々の積立金額ですよね。
実際どれぐらい積立ておくべきなのでしょうか。
家は大体10年単位でガタがくると言われています。
新築から10年程で外壁や屋根のメンテナンスや張り替えを行う事が多く、その費用が大体100万円単位。
外壁や屋根以外にも、水回りは最も早くガタがきてしまうとも言われており、排水管や給湯器などの取り換えや設置などには10万円前後の費用が発生すると考えられます。
このことから考えるに、もしも家計に余裕があれば月々3万円程度積立てておくべきですし、余裕がなければ1万円からでも積立てておくべきでしょう。
貯金とは別に口座を作り、そこで別途積立ておくと金額も分かりやすく、積立に対する意欲も湧きやすくなるでしょう。


この記事をシェアする